病院で死ぬのはもったいない : 〈いのち〉を受けとめる新しい町へ

山崎章郎, 二ノ坂保喜 著 ; 米沢慧 編

病・老い・障害・子育てによる孤立を防ぎ、ホスピスケアを地域の困っている人へ広げてゆくコミュニティの未来を伝える希望の書。『病院で死ぬということ』から20年。ホスピスの先駆者による「在宅ホスピス宣言」。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 地域で死ぬということ-ホスピス医として、二十年考えてきたこと(施設ホスピスで学んだこと
  • 「ケアタウン小平」はじまる
  • ケアは循環する
  • 在宅から見えてきたこと)
  • 2 普通の暮らしを支える-在宅医として、二十年考えてきたこと(「人は死ぬまで生きているのよ」
  • コミュニティ緩和ケアの実際
  • ひとりの物語に聴く
  • 小さな種をまく)
  • 3 病院で死ぬのはもったいない(ホスピスは町のなかへ
  • 在宅ホスピス医という仕事
  • 医師よ、病棟をはなれ、町へ出よう)
  • 4 いのちを受けとめる町へ(臨床からの出発
  • 「ケア」と「医療」のはざま
  • ホスピスケアからコミュニティケアへ)
  • 5 還りのいのちを受けとめる-老いる、病いる、そして明け渡す(往きの医療と還りの医療
  • 老いる、病いる、明け渡す)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 病院で死ぬのはもったいない : 〈いのち〉を受けとめる新しい町へ
著作者等 二ノ坂 保喜
山崎 章郎
米沢 慧
書名ヨミ ビョウイン デ シヌ ノワ モッタイナイ : イノチ オ ウケトメル アタラシイ マチ エ
書名別名 Byoin de shinu nowa mottainai
出版元 春秋社
刊行年月 2012.8
ページ数 286p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-393-36521-2
NCID BB10124281
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22152279
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想