古事記及び日本書紀の研究 : 建国の事情と万世一系の思想

津田左右吉 著

神武東遷は歴史的事実ではない。大和朝廷ははじめから大和に存在したのである。そしてその創設者はおそらく崇神天皇であろう…。戦前の「不敬罪発禁本」と、戦後の「天皇論」を所収。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 建国の事情と万世一系の思想(上代における国家統一の情勢
  • 万世一系の皇室という観念の生じまた発達した歴史的事情)
  • 古事記及び日本書紀の研究(総論
  • 新羅に関する物語
  • クマソ征討の物語
  • 東国及びエミシに関する物語
  • 皇子分封の物語
  • 崇神天皇、垂仁天皇二朝の物語
  • 神武天皇東遷の物語
  • 結論)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 古事記及び日本書紀の研究 : 建国の事情と万世一系の思想
著作者等 津田 左右吉
書名ヨミ コジキ オヨビ ニホン ショキ ノ ケンキュウ : ケンコク ノ ジジョウ ト バンセイ イッケイ ノ シソウ
書名別名 Kojiki oyobi nihon shoki no kenkyu
シリーズ名 日本書紀
古事記
出版元 毎日ワンズ
刊行年月 2012.8
ページ数 297p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-901622-63-9
NCID BB10173888
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22142632
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想