心病む母が遺してくれたもの : 精神科医の回復への道のり

夏苅郁子 著

人はいつだって変われる。統合失調症の母への葛藤-過酷な運命をたくましく生き抜いた心の軌跡を赤裸々に綴った衝撃作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章
  • 第1章 母の生い立ち
  • 第2章 別人になってしまった母
  • 第3章 両親の離婚、そして新しい家族
  • 第4章 医学生になって
  • 第5章 精神科医になって
  • 第6章 母との再会
  • 第7章 私を強くしてくれた人たち
  • 第8章 私の結婚
  • 第9章 母の晩年
  • 終章 私を変えたマンガの力

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 心病む母が遺してくれたもの : 精神科医の回復への道のり
著作者等 夏苅 郁子
書名ヨミ ココロ ヤム ハハ ガ ノコシテ クレタ モノ : セイシンカイ ノ カイフク エノ ミチノリ
出版元 日本評論社
刊行年月 2012.8
ページ数 154p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-535-58636-9
NCID BB09984045
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22141946
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想