森敦との時間

森富子 著

二〇一二年、生誕百年を迎えた作家森敦。その放浪の半生と名作『月山』誕生秘話を初めて明かした二〇〇四年刊の前作『森敦との対話』は、六二歳、史上最高齢で芥川賞を受賞した異才の謎の素顔と驚愕の真実を明かし、大きな反響を呼んだ。本書は、受賞後遅れてきた異色の人気作家となった敦の、奇矯な日常生活、小島信夫等、作家達との関係、恐るべき文学理論の秘密、スキャンダラスな逸話、病、飽くなき執筆への情熱、更なる代表作『われ逝くもののごとく』完成秘話…そして、晩年の凄絶な老いの日々と衝撃の死までを作家の最も身近にいた著者が綴った渾身の評伝小説である。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 森敦との時間
著作者等 森 富子
書名ヨミ モリ アツシ トノ ジカン
出版元 綜合社
集英社
刊行年月 2012.8
ページ数 268p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7777-1013-3
NCID BB0999693X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22142222
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想