青葉耀く : 敬恩館風雲録  上

米村圭伍 著

藩の運命を左右する領主の落し胤。その存在を察知した輩が、権力を求めて蠢き出す-。出雲国千歳藩の西の端に位置する鳥越村。その村にある郷蔵の差配役・大月慎兵衛と配下・矢島重三郎には、それぞれに愛息がいた。慎兵衛には、厚い胸板に太い腕、大柄で腕力が自慢の寅之助。重三郎には、小柄で痩身、病がちだが、利発な小太郎。二人はまるで兄弟のように育てられたが、そこには慎兵衛と重三郎の人知れぬ願いが隠されていた…。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 青葉耀く : 敬恩館風雲録
著作者等 米村 圭伍
書名ヨミ アオバ カガヤク : ケイオンカン フウウンロク
巻冊次
出版元 幻冬舎
刊行年月 2012.8
ページ数 326p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-344-02227-0
NCID BB11820186
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22199934
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想