ニセ札つかいの手記 : 武田泰淳異色短篇集

武田泰淳 著

一日おきに三枚ずつ渡されるニセ札をつかうことで「源さん」との関係を保とうとする私。しかし、その「ニセ札」が「ニセ」でなかったとしたら…。ニセ物と本物の転換を鮮やかに描く表題作ほか、視覚というテーマをめぐる不気味な幻想譚「めがね」など、戦後文学の旗手、再発見につながる七作を収める。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ニセ札つかいの手記 : 武田泰淳異色短篇集
著作者等 武田 泰淳
書名ヨミ ニセサツツカイ ノ シュキ : タケダ タイジュン イショク タンペンシュウ
書名別名 Nisesatsutsukai no shuki
シリーズ名 中公文庫 た13-6
出版元 中央公論新社
刊行年月 2012.8
ページ数 292p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-12-205683-1
NCID BB10097826
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22154579
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想