十津川警部「生命(いのち)」  下

西村京太郎 著

医療関係者が次々と殺害されるなか、今度は京都祇園で代議士が殺害されてしまう。離島の医師・沢井は生前「これは生命の問題だ」と娘に告げていたという。十津川は連続殺人事件の裏にAID(非配偶者間人工授精)-夫以外の精子で妊娠・出産する医療が関わっていると睨む。三国教授が作成したAIDを受けた夫婦と提供者の名簿はどこに。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 十津川警部「生命(いのち)」
著作者等 西村 京太郎
書名ヨミ トツガワ ケイブ イノチ
書名別名 十津川警部「生命」
シリーズ名 中公文庫 に7-44
巻冊次
出版元 中央公論新社
刊行年月 2012.8
ページ数 275p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-12-205678-7
NCID BB10102176
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22154642
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想