山行

槇有恒 著

近代アルピニズムを日本にもたらした槙有恒による山岳随筆の白眉。大正時代になしとげたアイガー東山稜とマウント・アルバータ世界初登頂の貴重な記録「登高記」、北イタリアの歴史と文化、街の様子を格調高くつづった「南側よりのアルプス」、冬山で友人を失った顛末を語る慟哭の書「板倉勝宣君の死」などを所収。詳細な注を新たに加えた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 山と或る男
  • アルプスにおける登山の発達
  • 登高記
  • 南側よりのアルプス
  • 山村の人と四季
  • 板倉勝宣君の死
  • 岩登りについて
  • 付録 思い出のグリンデルヴァルト
  • 近代登山史のなかの槙有恒(安川茂雄)
  • ヘル・マキを待っていたアイガー(佐藤久一朗)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 山行
著作者等 槙 有恒
槇 有恒
書名ヨミ サンコウ
シリーズ名 中公文庫 ま43-1
出版元 中央公論新社
刊行年月 2012.8
ページ数 372p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-12-205676-3
NCID BB10103521
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22150072
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想