怖い絵  死と乙女篇

中野京子 著

全身にみなぎる憤怒と威厳、「皇女ソフィア」-凄絶な姉弟喧嘩の末に、権力を握ったのは?甘やかな香りが漂う、ボッティチェリの最高傑作、「ヴィーナスの誕生」-美の背後に秘められた、血なまぐさい出生の物語とは?自らを死神になぞらえた、「死と乙女」-実際に画家とモデルを襲ったその後の運命は?名画に秘められた人間心理の深層を鋭く読み解く22の物語。文庫書き下ろしも収録したシリーズ第2弾。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • レーピン『皇女ソフィア』
  • ボッティチェリ『ヴィーナスの誕生』
  • カバネル『ヴィーナスの誕生』
  • ベラスケス『フェリペ・プロスペロ王子』
  • ヨルダーンス『豆の王様』
  • レオナルド・ダ・ヴィンチ『聖アンナと聖母子』
  • ミケランジェロ『聖家族』
  • セガンティーニ『悪しき母たち』
  • 伝レーニ『ベアトリーチェ・チェンチ』
  • ルーベンス『メドゥーサの首』〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 怖い絵
著作者等 中野 京子
書名ヨミ コワイ エ
書名別名 Kowai e
シリーズ名 角川文庫 な50-4
巻冊次 死と乙女篇
出版元 角川グループパブリッシング
角川書店
刊行年月 2012.8
ページ数 267p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-04-100439-5
NCID BB06593074
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22143125
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想