マインドフルネス : 気づきの瞑想

バンテ・H・グナラタナ 著 ; 出村佳子 訳

マインドフルネス(ヴィパッサナー瞑想、気づきの瞑想)の実践入門書として、米国で出版以来20年以上にわたり読みつがれ、世界15カ国で翻訳されているロングセラー。仏教の知識がなくともわかる平易な言葉で、ヴィパッサナーを実践するために必要な情報を余すところなく伝え、確かな評価を得ている。ラリー・ローゼンバーグ(『呼吸による癒し』著者)や、ジョン・カバット・ジン(マサチューセッツ大学医学部名誉教授)など多くの瞑想指導者、医師、実践者が絶賛してやまない名著。本書は2011年に発行された最新エディションの日本語版である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • なぜ、わざわざヴィパッサナー瞑想をするのか?
  • ヴィパッサナー瞑想ではないもの
  • ヴィパッサナー瞑想とは
  • 心の姿勢
  • 実践
  • 身体で何をするか
  • 心で何をするか
  • いつ、どこで、どのくらい実践するか
  • ヴィパッサナーを始める前に
  • 問題に対処する〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 マインドフルネス : 気づきの瞑想
著作者等 Gunaratana, Henepola
出村 佳子
Gunaratana Bhante Henepola
グナラタナ バンテ・ヘーネポラ
書名ヨミ マインドフルネス : キズキ ノ メイソウ
書名別名 MINDFULNESS IN PLAIN ENGLISH

Maindofurunesu
出版元 さんが
刊行年月 2012.9
ページ数 378p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-905425-20-5
NCID BB10250297
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22212802
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想