満鉄が生んだ日本型経済システム

小林英夫 著

日本経済を世界トップの座に押し上げ、一方で現在の低迷の一因ともいわれる「日本型経済システム」。そのシステムは実は、満鉄の調査部に源流があった-。満鉄と戦後の通産省、中国東北と日本は、どのように結びついているのか。国策が迷走する現在の日本は過去からなにを学べるか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 満鉄とはなにか(満鉄と満鉄調査部
  • ロシア革命後の満鉄と調査部
  • 満州事変後の満鉄と調査部
  • 日中戦争後の満鉄
  • アジア太平洋戦争と満鉄
  • 敗戦とどの後の満鉄)
  • 第2章 満鉄が生んだ日本型経済システム(ロシア革命の衝撃
  • 満洲事変後の満鉄経済調査会の活動
  • 満州国官僚集団の形成
  • 満州国官僚集団の日本帰還
  • 経済安定本部への結集
  • 岸信介の復権
  • 戦後高度成長への継続)
  • 第3章 日本型経済システムとはなにか(日本型経済システムの原案-日本国家改造案
  • 日本型経済システムの形成-戦中から戦後
  • 日本型経済システムの運用と終焉-池田政権から自民党の崩壊
  • 日本型経済システムとはなにか
  • 日本型経済システムの成立の条件
  • 日本型経済システムの崩壊の条件)
  • 第4章 日本経済の今後(日本経済の現状
  • 国際協調型経済システムを目指して
  • 産業空洞化の克服
  • 新産業の創設
  • アジアに活路を)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 満鉄が生んだ日本型経済システム
著作者等 小林 英夫
書名ヨミ マンテツ ガ ウンダ ニホンガタ ケイザイ システム
出版元 教育評論社
刊行年月 2012.8
ページ数 254p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-905706-72-4
NCID BB10135914
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22141898
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想