日本近代文学の詩と散文 : 明治の視角から

野山嘉正 著

[目次]

  • 第1章(西周-百学のなかの文学
  • 中村敬宇-宗教と文学)
  • 第2章 成島柳北の「詩」
  • 第3章 新体詩の思想-『新体詩抄』から藤村まで
  • 第4章 没理想論争の内外-坪内逍遙と森鴎外
  • 第5章 伝統詩歌の変容-継受と革新
  • 第6章(正岡子規と夏目漱石-詩と散文
  • 子規の俳句と短歌(「はて知らずの記」研究))
  • 第7章 鴎外の晩年-散文の極点
  • 第8章 自然主義の実相
  • 第9章 近代主義のゆくえ-芥川龍之介から小林秀雄へ
  • 第10章 近代詩歌研究史展望

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本近代文学の詩と散文 : 明治の視角から
著作者等 野山 嘉正
書名ヨミ ニホン キンダイ ブンガク ノ シ ト サンブン : メイジ ノ シカク カラ
書名別名 Nihon kindai bungaku no shi to sanbun
出版元 明治書院
刊行年月 2012.8
ページ数 256p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-625-45403-5
NCID BB10019367
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22141220
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想