認知コントロール : 認知心理学の基礎研究から教育・臨床の応用をめざして

嶋田博行, 芦髙勇気 共著

認知心理学で注目されている「認知コントロール」について、最新のデータに基づき紹介した本格的解説書。特に迅速なボトムアップコントロールや技能の手続き化とコントロールの動向を詳述し、その理論的歴史的背景、課題の手続きだけでなく、脳研究、シミュレーションに至るまで網羅して紹介。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 認知コントロール研究の動向(Shiffrin&Schneiderの古典的な自動性とコントロールの対立図式
  • 自動性とコントロールの古典的な対立図式では理解できない現象
  • 記憶に基づく自動性の理論(インスタンス理論)-宣言的記憶から手続き記憶への一体化
  • 中央エクゼクティブとワーキングメモリー
  • コンフリクト課題における一致性効果、比率一致性効果とグラットン効果 ほか)
  • 第2部 主要なパラダイム-理論と独自の現象(ストループパラダイム
  • サイモン課題
  • フランカー課題
  • ストップ信号パラダイム
  • 課題切り替えパラダイム
  • 計算論的認知科学
  • 第1部と第2部のまとめ)
  • 第3部 用語解説と索引

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 認知コントロール : 認知心理学の基礎研究から教育・臨床の応用をめざして
著作者等 嶋田 博行
芦髙 勇気
芦高 勇気
書名ヨミ ニンチ コントロール : ニンチ シンリガク ノ キソ ケンキュウ カラ キョウイク リンショウ ノ オウヨウ オ メザシテ
書名別名 Ninchi kontororu
出版元 培風館
刊行年月 2012.8
ページ数 219p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-563-05230-0
NCID BB10180169
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22141105
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想