カルチュラル・インターフェースの人類学 : 「読み換え」から「書き換え」の実践へ

前川啓治 編

「インターフェース」という視座から文化の構造と動態に迫る。グローバリゼーションによってすべてが問い直されている現在、「人種」、宗教、民族、開発、感覚、時間、空間などを、「境界」から明らかにする、新しい民族誌の試み。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに 文化の構築とインターフェースの再帰性
  • 1部 「読み換え」から「書き換え」への実践1-エリートの表象を超えて(ニューギニア高地における白人性の獲得-脱植民地期におけるキリスト教の実践
  • 文化接合としてのミメシス-ソロモン諸島の宗教運動にみる正統性の希求
  • 一義化と両義性から考える仏教徒たちの歴史と視点-現代インドにおける改宗運動とマルバット供養)
  • 2部 「読み換え」から「書き換え」への実践2-民族カテゴリーを超えて(カテゴリーの成員性-「外国人」と名づけられた生徒たちの名乗り
  • アイヌ民族と共生/連帯する人びと)
  • 3部 「読み換え」/「書き換え」の実践へ-開発の枠組みを横断する(援助機関文化と人類学のインターフェース-ある開発援助事業から人類学のあり方を考える
  • 「まちづくり」的感性のつくられ方-地域ブランド商品の開発プロジェクトを事例として)
  • 4部 展開-「情報」としての文化へ(民俗儀礼の示標性と文化変容-白鳥地区古式祭礼をめぐって
  • 薬剤と顕微鏡-ガーナ南部における疾病概念とモノの布置
  • 食肉産業にみる商品の感覚価値-沖縄における豚肉の均質化と差異化)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 カルチュラル・インターフェースの人類学 : 「読み換え」から「書き換え」の実践へ
著作者等 前川 啓治
書名ヨミ カルチュラル インターフェース ノ ジンルイガク : ヨミカエ カラ カキカエ ノ ジッセン エ
書名別名 Karuchuraru intafesu no jinruigaku
出版元 新曜社
刊行年月 2012.8
ページ数 263p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7885-1301-3
NCID BB10013451
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22141747
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想