オウム真理教事件  2 (カルトと社会)

島田裕巳 著

一度暴走を始めた日本の組織は、なぜ止めることができないのか。オウムを解明し理解することは、日本の組織社会の病理を明るみに出すことだ。ついに事件の全容を解明し、現代世界の中に位置づける。オウム論のみならず現代日本論としても読み継がれる名著。オウム理解の必読書として常に参照されてきた不朽の名著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 実践されたチベット密教
  • 信者がオウムに求めたもの
  • 村上春樹のオウム事件
  • バッシングと宗教学の方法
  • オウム問題の現在
  • 私たちが学ぶべきこと

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 オウム真理教事件
著作者等 島田 裕巳
書名ヨミ オウム シンリキョウ ジケン
巻冊次 2 (カルトと社会)
出版元 トランスビュー
刊行年月 2012.8
ページ数 264p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7987-0127-1
NCID BB10101741
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22139734
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想