大名斬り

倉阪鬼一郎 著

「表」の法では裁けない悪を人知れず始末する「裏」町奉行となった旗本三男坊の鎮目藤三郎。南町奉行の兄の叱責をかわしながら、道場で剣の腕を磨く中、仲間の十字剣の時蔵が道場破りに負けてしまう。相手は、藤三郎と同じ「一点流」を使う剣客で、大和高旗藩士。人を人とも思わない極悪非道の大名を成敗するため、上屋敷に忍び込む藤三郎たちだったが…。巨大な悪に立ち向かう裏町奉行の活躍が光る!書き下ろし痛快時代小説シリーズ第2弾。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大名斬り
著作者等 倉阪 鬼一郎
書名ヨミ ダイミョウギリ
書名別名 Daimyogiri
シリーズ名 裏町奉行闇仕置 く04-02
ベスト時代文庫 く04-02
出版元 ベストセラーズ
刊行年月 2012.9
ページ数 276p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-584-36716-2
全国書誌番号
22140621
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想