アブラハム・カイパー入門 : キリスト教世界観・人生観への手引き

R.マウ 著 ; 稲垣久和, 岩田三枝子 訳

19世紀のオランダで、神学者、教育者、そして政治家としても活躍したアブラハム・カイパー。古典的名著『カルヴィニズム』を著し、信仰を個人的・内面的に捉えるのみならず、その社会的・公共的意味を問うた彼の思想から、21世紀を生きる私たちの信仰と生き方を考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 カイパーの神学と文化-概観(カイパーのカルヴァン主義
  • 「地を満たす」
  • 多様であることは素晴らしい
  • 領域
  • 文化の「運河とせき止め湖」
  • カイパーの政治的な「位置づけ」
  • 第三の道
  • 聖書における領域とは?
  • 教会の立場
  • 宗教的反定立
  • 神の「素晴らしい贈り物」)
  • 第2章 二一世紀におけるカイパー(カイパー主義の現代的刷新
  • 人種-もう一つの加えられた「新」
  • 福音主義のためのカイパー
  • 世界の見方
  • 鐘はまだ鳴っているか?
  • 教会の役割の強化
  • 文化的忍耐の涵養
  • 「キリスト教世界」を超えて
  • 領域が「縮小する」時
  • イスラームからの挑戦
  • 「十字架のもと」のカイパー主義)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アブラハム・カイパー入門 : キリスト教世界観・人生観への手引き
著作者等 Mouw, Richard J.
岩田 三枝子
稲垣 久和
マウ リチャード・J.
書名ヨミ アブラハム カイパー ニュウモン : キリストキョウ セカイカン ジンセイカン エノ テビキ
書名別名 Abraham Kuyper
出版元 教文館
刊行年月 2012.7
ページ数 179p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7642-6696-4
NCID BB09829428
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22141118
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想