親鸞の教えと歎異抄 : 図解でやさしくわかる

釈徹宗 著

「浄土真宗にとって極めて大切な聖教であるが、機縁が熟していないものには、容易にこの書を見せてはならない」と言われている歎異抄。釈徹宗が、歎異抄に込められた真意をていねいに解説する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 歎異抄の秘密(逆説に満ちた金言集-異を歎き、悲しむというスタンス
  • 近代知性がしびれる魔力-あるいは『歎異抄』の罠? ほか)
  • 第1章 親鸞の生涯と人物像(九歳で仏門に入る-生い立ちと出家(0歳〜9歳)
  • ひたすら念仏を-比叡山での修行生活(9歳〜29歳) ほか)
  • 第2章 親鸞の思想とその背景(混沌の世を生きる-末法思想と浄土仏教
  • 七高僧と浄土三部経-浄土仏教ストーリー ほか)
  • 第3章 歎異抄の読み解きPart1(『歎異抄』はどんな書物?-著者、成立、写本について
  • 『歎異抄』の構成-親鸞の実像に迫る史料 ほか)
  • 第4章 歎異抄の読み解きPart2(唯円の歎きを聞け!
  • 二つの不思議どっちをとる!? ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 親鸞の教えと歎異抄 : 図解でやさしくわかる
著作者等 釈 徹宗
書名ヨミ シンラン ノ オシエ ト タンニショウ : ズカイ デ ヤサシク ワカル
シリーズ名 歎異鈔
出版元 ナツメ社
刊行年月 2012.8
ページ数 259p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-8163-5289-8
NCID BB11523839
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22140999
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想