工手学校-日本の近代建築を支えた建築家の系譜-工学院大学

NICHE(工学院大学建築学部同窓会誌編集部) 編

中堅技術者の教育機関として工手学校が果たした役割を世に問う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 工手学校から工学院大学へ(工手学校の創立期を飾った四人
  • 工手学校物語-造家学科を中心に)
  • 2 輝かしき先輩たち(山本鑑之進-日本近代建築の重要な場面に立ち会った
  • 久保田小三郎-日本のアールヌーヴォーの誕生にその名を残す
  • 矢部又吉-銀行建築の傑作が外壁保存されて二一世紀に残る ほか)
  • 3 OBの足跡を追う(皇室建築と工手学校
  • 建築コンペと工手学校
  • 戦前期工手学校卒業生の台湾における活動-八板志賀助を事例として ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 工手学校-日本の近代建築を支えた建築家の系譜-工学院大学
著作者等 工学院大学建築学部同窓会
NICHE
書名ヨミ コウシュ ガッコウ ニホン ノ キンダイ ケンチク オ ササエタ ケンチクカ ノ ケイフ コウガクイン ダイガク
出版元 工学院大学建築学部同窓会
彰国社
刊行年月 2012.8
ページ数 239p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-395-51104-4
NCID BB10115112
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22141000
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想