多文化ソーシャルワークの理論と実践 : 外国人支援者に求められるスキルと役割

石河久美子 著

[目次]

  • 第1章 多文化ソーシャルワークとは(多文化ソーシャルワークが必要とされる背景
  • 多文化ソーシャルワークとは何か
  • 他文化ソーシャルワーカー)
  • 第2章 アメリカにおける多文化ソーシャルワーク(多文化ソーシャルワークと多文化ソーシャルワーカーの位置づけ
  • シアトルのアジア系移民に対する支援機関の実践-アジアン・カウンセリング・アンド・リファーラル・サービス
  • アメリカの取り組みからの応用問題)
  • 第3章 多文化ソーシャルワーカー養成と活用-現状と課題(愛知県における多文化ソーシャルワーカー養成
  • 多文化ソーシャルワーカー活用と支援の現状
  • 他文化ソーシャルワーカー養成と活用の問題)
  • 第4章 多文化ソーシャルワークの援助技術と実践(多文化ソーシャルワークの援助技術
  • 多文化ソーシャルワークの展開方法
  • 他文化ソーシャルワークの実践-事例を通して
  • まとめ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 多文化ソーシャルワークの理論と実践 : 外国人支援者に求められるスキルと役割
著作者等 石河 久美子
書名ヨミ タブンカ ソーシャル ワーク ノ リロン ト ジッセン : ガイコクジン シエンシャ ニ モトメラレル スキル ト ヤクワリ
書名別名 Tabunka sosharu waku no riron to jissen
出版元 明石書店
刊行年月 2012.8
ページ数 168p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7503-3649-7
NCID BB10062661
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22140986
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想