符号理論 : デジタルコミュニケーションにおける数学

萩原学 著

私たちの世界は数学で溢れていた-スマートフォン、デジタルテレビ、ブルーレイディスク、フラッシュメモリなど、あなたの身近にある情報技術を支える数学「符号理論」。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 本書を読む上で
  • 第2章 符号理論とは
  • 第3章 集合論
  • 第4章 確率と典型系列
  • 第5章 通信路符号化定理
  • 第6章 通信路符号化逆定理
  • 第7章 ハミング符号
  • 第8章 最小距離復号のNP完全性
  • 第9章 LDPC符号とsum‐product復号法
  • 第10章 リード・ソロモン符号とユークリッド復号法

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 符号理論 : デジタルコミュニケーションにおける数学
著作者等 萩原 学
書名ヨミ フゴウ リロン : デジタル コミュニケーション ニ オケル スウガク
出版元 日本評論社
刊行年月 2012.8
ページ数 296p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-535-78664-6
NCID BB09979500
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22141014
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想