中国革命と軍隊 : 近代広東における党・軍・社会の関係

阿南友亮 著

中国共産党は、革命を遂行するための軍隊をどのようにして手に入れたのか。中国の公文書館に埋もれていた史料を丹念に読み解き、定説とは異なる共産党による軍隊建設と武装闘争の実態を明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論 軍隊からみる近代中国
  • 第1章 中国共産党初期の軍隊建設構想
  • 第2章 農民自衛軍と初期「党軍」
  • 第3章 海陸豊ソヴィエトの再検証
  • 第4章 中国工農紅軍第六軍の形成
  • 第5章 東江ソヴィエトの興亡
  • 結論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中国革命と軍隊 : 近代広東における党・軍・社会の関係
著作者等 阿南 友亮
書名ヨミ チュウゴク カクメイ ト グンタイ : キンダイ カントン ニ オケル トウ グン シャカイ ノ カンケイ
書名別名 Chugoku kakumei to guntai
出版元 慶應義塾大学出版会
刊行年月 2012.8
ページ数 476p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7664-1957-3
NCID BB10033095
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22142284
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想