高島嘉右衛門横浜政商の実業史

松田裕之 著

横浜みなとみらいは高島嘉右衛門に始まる。獄中生活から異人館建築、鉄道敷設、ガス灯事業に洋学教育…。"易聖"の名に封印された波乱の生涯を、伊藤博文、大隈重信、渋沢栄一らとのつながりを軸に生きいきと描き出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 奇妙なり嘉右衛門
  • 第1章 材木普請御用遠州屋の悲哀
  • 第2章 陶器輸出商肥前屋の失態
  • 第3章 高島嘉右衛門の誕生
  • 第4章 政商嘉右衛門の野望と挑戦
  • 第5章 開化仕掛け人と実業の夜明け
  • 終章 虚業と実業のはざまを生きて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 高島嘉右衛門横浜政商の実業史
著作者等 松田 裕之
書名ヨミ タカシマ カエモン ヨコハマ セイショウ ノ ジツギョウシ
出版元 日本経済評論社
刊行年月 2012.8
ページ数 246p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-8188-2204-7
NCID BB09975860
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22141182
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想