謙信と信玄

井上鋭夫 著

越後の上杉謙信と甲斐の武田信玄。戦国時代の英雄として、後世の軍記物に描かれた以外、その実態は知られていない。川中島合戦の真実や、伝説の参謀の実在性、天下人になれなかった理由などを、実証的に追究した名著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 家系と生いたち(上杉家と長尾氏
  • 甲斐の武田氏
  • 家督相続)
  • 第2章 甲越の決闘(信濃経略
  • 川中島戦争
  • 関東進攻)
  • 第3章 軍事力の構成(家臣団の編制と領国構造
  • 軍制と軍法)
  • 第4章 民政(農村と都市
  • 経済政策
  • 宗教統制)
  • 第5章 西上の挫折(信玄の西上
  • 謙信の征戦)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 謙信と信玄
著作者等 井上 鋭夫
書名ヨミ ケンシン ト シンゲン
書名別名 Kenshin to shingen
シリーズ名 読みなおす日本史
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2012.9
ページ数 273p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-642-06385-2
NCID BB10116829
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22141006
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想