この甲斐性なし!と言われるとツライ : 日本語は悪態・罵倒語が面白い

長野伸江 著

主に関東地域で用いられる「馬鹿野郎」は、あいさつであり、照れ隠しであり、愛情表現であり、悲しみの表現でもあった。古事記・日本書紀から、明治・大正・昭和・平成の文学作品、はては国会論議から夫婦ゲンカに至るまで、悪態・罵倒語はどのように使われ、日本人の血となり肉となったのか。豊饒なる日本語の世界へ分け入る一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 バカヤロー!-あいさつから愛と悲しみまで
  • 第1章 ブスとババアと淫乱と-女をののしる(ブス
  • ババア
  • 大根足
  • 淫乱)
  • 第2章 弱くてくさいは甲斐性なし-男をののしる(弱い
  • ふぐりなし
  • 甲斐性なし
  • くさい)
  • 第3章 犬は畜生、猫は泥棒-動物の悪態(犬畜生
  • 泥棒猫
  • 豚野郎
  • オオカミ少年)
  • 第4章 鼻くそほじって、クソ食らえ-排泄物で嗤う(屁のような
  • 小便たれ
  • 鼻くそ
  • クソ食らえ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 この甲斐性なし!と言われるとツライ : 日本語は悪態・罵倒語が面白い
著作者等 長野 伸江
書名ヨミ コノ カイショウナシ ト イワレル ト ツライ : ニホンゴ ワ アクタイ バトウゴ ガ オモシロイ
書名別名 Kono kaishonashi to iwareru to tsurai
シリーズ名 光文社新書 597
出版元 光文社
刊行年月 2012.8
ページ数 253p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-334-03700-0
NCID BB09946931
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22141889
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想