経済学の犯罪 : 稀少性の経済から過剰性の経済へ

佐伯啓思 著

私たちが、誤った「思想」を信じ続ける限り、危機からは脱出できない。日本を代表する知性が、経済学の源流、貨幣の誕生まで遡り、危機の本質に迫る知的興奮の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 失われた二〇年-構造改革はなぜ失敗したのか
  • 第2章 グローバル資本主義の危機-リーマン・ショックからEU危機へ
  • 第3章 変容する資本主義-リスクを管理できない金融経済
  • 第4章 「経済学」の犯罪-グローバル危機をもたらした市場中心主義
  • 第5章 アダム・スミスを再考する-市場主義の源流にあるもの
  • 第6章 「国力」をめぐる経済学の争い-金融グローバリズムをめぐって
  • 第7章 ケインズ経済学の真の意味-「貨幣の経済学」へ向けて
  • 第8章 「貨幣」という過剰なるもの-「稀少性の経済」から「過剰性の経済」へ
  • 第9章 「脱成長主義」へ向けて-現代文明の転換の試み

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 経済学の犯罪 : 稀少性の経済から過剰性の経済へ
著作者等 佐伯 啓思
書名ヨミ ケイザイガク ノ ハンザイ : キショウセイ ノ ケイザイ カラ カジョウセイ ノ ケイザイ エ
書名別名 Keizaigaku no hanzai
シリーズ名 講談社現代新書 2171
出版元 講談社
刊行年月 2012.8
ページ数 326p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-288171-5
NCID BB09937351
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22141517
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想