東京いいまち一泊旅行

池内紀 著

東京に住んでいて、東京のホテルに泊まっていけないわけもない。ながらく住んでいるからといって、身近な町を知っているとはかぎらないし、未知という点でいうと、千キロかなたも十キロの近きも同じである。夜ふけのホテルの窓から見上げた夜空は、心なしか旅情をかき立ててくれるし、それにこの旅は、足代がほとんどかからない。その分、夜の飲み代に回していいのである。林立するビルに挟まった、小さなシティホテルの朝の食事。たった一泊なのに、もう何日も旅の空をつづけているような気分である-。品川宿、上野、十条・王子、赤坂、築地明石町、牛込界隈、かっぱ橋道具街、赤塚、木場、小菅、関口、千住、丸の内、明治神宮、豊島園、桧原村、蒲田、青梅、八王子、神田・日本橋…。都心から郊外、山の手から下町まで。これまで幾度も通りすぎてきた町に、一泊、根をおろしてすごしてみると、町の素顔、魅力、歴史、息づく人々の姿…etc.が見えてくる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1(五十三次うちどめの夢-品川宿(品川区)
  • ここすぎてとわのなやみぞ-上野(台東区)
  • サービス満点-十条・王子(北区)
  • 三代目訪問-赤坂(港区)
  • ハイカラと伝統-築地明石町(中央区))
  • 2(坂の上彷徨-牛込界隈(新宿区)
  • 巷の芸術-かっぱ橋道具街(台東区)
  • 田遊び-赤塚(板橋区)
  • 幻の町-木場(江東区)
  • 空白の地図-小管(葛飾区)
  • 椿山荘清遊-関口(文京区)
  • 路地裏いきつもどりつ-千住(足立区))
  • 3(タダは楽しい-丸の内(中央区)
  • 人神和合-明治神宮(渋谷区)
  • 初恋ラプソディ-豊島園(練馬区)
  • カブトと龍の里-檜原村(西多摩郡))
  • 4(一日静養-蒲田(大田区)
  • 映画少年の夢-青梅市
  • 絹の道往還-八王子市
  • 旧友再会-神田・日本橋(千代田区・中央区))

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東京いいまち一泊旅行
著作者等 池内 紀
書名ヨミ トウキョウ イイ マチ イッパク リョコウ
シリーズ名 光文社新書 598
出版元 光文社
刊行年月 2012.8
ページ数 266p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-334-03701-7
NCID BB09947639
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22141893
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想