東京は郊外から消えていく! : 首都圏高齢化・未婚化・空き家地図

三浦展 著

かつて団塊世代が東京圏にあふれ、郊外に大量の住宅が建てられた。それが今や、人口減少社会へと転じ、ゆくゆくは40%が空き家になるという予測も出ている。そうなれば、東京の随所にもゴーストタウンが現れるだろう。長年ローンを払い続けて手に入れたマイホームも、資産価値のない「クズ物件」となってしまう。日本の都市は、他にもさまざまな問題をはらんでいる。居場所のない中高年、結婚しない若者、単身世帯の増加…。とくに首都圏では、それらが大量に発生する。これから郊外はどうなる?住むべき街とは?不動産を最大限に活用するには?独自の意識調査などをもとに、これからの東京の都市、郊外のあり方を提言する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 あなたの街がゴーストタウンになる!
  • 第2章 発展する街・衰退する街はどこか?
  • 第3章 団塊ジュニア以降の世代はどこに住むのか?
  • 第4章 団塊世代は親子二世帯同居をするか?
  • 第5章 どういう郊外が生き延びるか?
  • 第6章 郊外をゴールドタウンにする方法

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東京は郊外から消えていく! : 首都圏高齢化・未婚化・空き家地図
著作者等 三浦 展
書名ヨミ トウキョウ ワ コウガイ カラ キエテ イク : シュトケン コウレイカ ミコンカ アキヤ チズ
書名別名 Tokyo wa kogai kara kiete iku
シリーズ名 光文社新書 595
出版元 光文社
刊行年月 2012.8
ページ数 206p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-334-03698-0
NCID BB09946079
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22141890
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想