皇女タラカーノワ = Tapakaнoвa

原求作 著

18世紀後半のロシアで絶大な権力をふるったエカチェリーナ二世がおびえた、ピョートル一世の血をひく皇女の影。不思議なカリスマ性を持った女僭称者が、ヨーロッパの政治闘争にも関連し、悲劇の最期にいたる様子をドラマチックに描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ペテルブルグ一七七五年五月
  • モスクワ一七四二年十一月
  • ニュールンベルク一七六一年八月
  • ケルン一七七三年八月
  • パリ一七七三年九月
  • ヴェネチア一七七四年一月
  • フランクフルト一七七三年七月
  • ヴェネチア一七七四年二月
  • ミュンスター一七七四年三月
  • ヴェネチア一七七四年六月
  • ロンドン一七六五年八月
  • ドゥブローヴニク一七七四年六月
  • マンチェスター一七七三年一一月
  • リヴォルノ一七七四年九月
  • ワルシャワ一七七四年十月
  • ペテルブルグ一七七五年一月

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 皇女タラカーノワ = Tapakaнoвa
著作者等 原 求作
書名ヨミ コウジョ タラカーノワ
書名別名 Tapakaнoвa

Kojo tarakanowa
出版元 鳥影社
刊行年月 2012.8
ページ数 378p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-86265-367-3
NCID BB10128715
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22140609
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想