お寺が守る都市の緑地 : 江戸からの歴史的ストックとして

北川順也 著

日本人は自然と共に暮らし、自然に学び生きてきた民族であるが、現代はそれらの自然に対する畏敬の念が失われている。日本の将来のためにお寺と緑地、地域社会の関係を検討し提言する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 都市における寺院空間について
  • 第2章 近世以降のお寺の緑地空間について
  • 第3章 文京区旧日光御成道沿いのお寺の緑地保全
  • 第4章 台東区浅草旧新寺町通り周辺のお寺の緑地保全
  • 第5章 これからのお寺の緑地空間のあり方
  • 第6章 お寺で都市環境を考える

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 お寺が守る都市の緑地 : 江戸からの歴史的ストックとして
著作者等 北川 順也
書名ヨミ オテラ ガ マモル トシ ノ リョクチ : エド カラ ノ レキシテキ ストック ト シテ
書名別名 Otera ga mamoru toshi no ryokuchi
出版元 今日の話題社
刊行年月 2012.8
ページ数 201p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-87565-610-4
全国書誌番号
22191101
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想