哲学とは何か

G・ドゥルーズ, F・ガタリ 著 ; 財津理 訳

「この時代に逆らって、来たるべき時代のために」書かれたドゥルーズ=ガタリの最後の共著にして、その思想の総決算。内在平面‐概念的人物‐哲学地理によって「哲学」を総括し、カオスに立ち向かう三つの平面として哲学‐科学‐芸術の連関を明らかにする。世界への信をうちたてながら、人間をこえる限りなき生成/創造へと思考を開く絶後の名著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論 こうして結局、かの問は…
  • 1 哲学(ひとつの概念とは何か
  • 内在平面
  • 概念的人物
  • 哲学地理)
  • 2 哲学-科学、論理学、そして芸術(ファンクティヴと概念
  • 見通しと概念
  • 被知覚態、変様態、そして概念)
  • 結論 カオスから脳へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 哲学とは何か
著作者等 Deleuze, Gilles
Guattari, Félix
財津 理
Guattari F'elix
ガタリ フェリックス
ドゥルーズ ジル
書名ヨミ テツガク トワ ナニカ
書名別名 QU'EST-CE QUE LA PHILOSOPHIE?

Tetsugaku towa nanika
シリーズ名 河出文庫 ト6-16
出版元 河出書房新社
刊行年月 2012.8
ページ数 406p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-309-46375-9
NCID BB09916464
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22140930
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想