地の果て至上の時

中上健次 著

弟殺しで服役していた竹原秋幸が、故郷熊野へ帰ってきた。だが秋幸不在の三年間に、土地も人も変化していた。父子の確執、「路地」の消滅、容赦ない資本の流入…。重層的に並置された秋幸と紀州をめぐる物語は、壮大にして無比な、現代の"古典"へと昇華する。現代文学を牽引しつづけ四十六歳で逝った巨星が、『岬』『枯木灘』の果てに到達した、世界文学の極点。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 地の果て至上の時
著作者等 中上 健次
書名ヨミ チ ノ ハテ シジョウ ノ トキ
シリーズ名 講談社文芸文庫 なA8
出版元 講談社
刊行年月 2012.8
ページ数 541p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-06-290171-0
NCID BB09939867
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22140623
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想