ホテルオークラ総料理長の美食帖

根岸規雄 著

濃さも味わいも倍の"ダブル"コンソメスープ、行列のできるローストビーフ、「世界一」のフレンチトースト。ホテルオークラには食通も唸る数々の逸品がある。開業以来腕をふるってきた著者が初めて明かす、美食と饗応の極意とは-。「客よりも美味いものを食え」という師の教え、給料をつぎ込んだ本場美食ツアー、VIPの大好物、天皇陛下のトナカイ料理…「最後の総料理長」による矜持と秘話に満ちた半世紀。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 西洋の模倣はいらない
  • ロビーに静けさを、エレベータに金蒔絵を
  • これが本場の味なのか
  • 運命のローストビーフ
  • ご飯でキャビアを
  • サリー・ワイル氏の恩返し
  • ソースの魔法
  • 初めての三つ星の味
  • スプーンはタテかヨコか
  • レストラン・ウェディング誕生
  • お客様をお名前で呼ぶために
  • 迎賓館のイワツバメ・スープ
  • 皇族方への接遇
  • VIPの大好物
  • 世界一のフレンチトースト
  • 伝統にデータを加味して
  • 「絶対の一品。」の真価

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ホテルオークラ総料理長の美食帖
著作者等 根岸 規雄
書名ヨミ ホテル オークラ ソウリョウリチョウ ノ ビショクチョウ
シリーズ名 新潮新書 484
出版元 新潮社
刊行年月 2012.8
ページ数 219p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-10-610484-8
NCID BB09896072
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22141815
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想