斎藤一人黄金の鎖

宇野信行 著

[目次]

  • 第1章 豆腐屋のぶちゃん、「打ち出の小槌」と出会う(左目がほとんど見えませんが、いじめられたことはありません
  • 人と争うことをせず、大きな悩みを抱えることもなく
  • ダラダラ親の店を手伝っていた毎日でした
  • 「すごい!」と雰囲気でわかる一人さんとの出会い
  • 一人さんに聞きました。「宇宙人はいるんですか」って
  • 宇宙でいちばん地球人がすすんでいたら、どうなるんだろう)
  • 第2章 幸せになるのは簡単(「豊かになりたいなら、ツヤを出して、光ものをつけてごらん」
  • 小さなブローチから、小さなペンダントへ
  • 「感謝してます」に「ありがとう」の言葉が返ってきた
  • 「すべての良きことが雪崩のごとく起きます」の祈りで奇跡が起きる
  • 幸せになりたかったら「幸せ」って言えばいいんだよ
  • 「幸せになるのは簡単。人を褒める。まんべんなくやさしくする」)
  • 第3章 困ったことは起こらない(何も言わずに送り出してくれた両親
  • 「仕事は選ぶものじゃないの。仕事がその人を呼ぶの」
  • 初めてのことばかり。とくにキツかったのは人との接し方
  • 「心配ごとを書きだしてみな。現実になったものはある?」
  • 「気をつけて」の本当の意味は「元気をつけて」
  • 遠藤忠夫社長の証言1 「はい、大丈夫です」の、のぶちゃん)
  • 第4章 愛ある言葉を話そう(「イソギンチャクにはイソギンチャクの幸せ」がある
  • 変わらないのは、あなたの自由、考え方が違うだけ
  • イヤな思いなんて一瞬で消える
  • 言葉が先。心はあとからついてくる
  • 「自分が好き」というのがいちばん大事
  • 絶対幸せになれる「ありがとう」「人を喜ばせる」「愛ある言葉」
  • 遠藤忠夫社長の証言2 どんなことがあっても「ツイている」と言えるのぶちゃん)
  • 第5章 人様が喜ぶこと、世の中が喜ぶことをすればいいんだよ(私の大好きな神社の鏡を見ると神様が見える
  • 自分しか見えない人は我が強い人
  • これが幸せにつながる黄金の鎖
  • 髪や顔にツヤを出すのは、神さまを磨いていること)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 斎藤一人黄金の鎖
著作者等 宇野 信行
書名ヨミ サイトウ ヒトリ オウゴン ノ クサリ
シリーズ名 ロング新書
出版元 ロングセラーズ
刊行年月 2012.8
ページ数 128p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-8454-0920-4
全国書誌番号
22205955
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想