なぜ風が吹くと電車は止まるのか : 鉄道と自然災害

梅原淳 著

「今日は風が強いから電車が止まるかも…」と心配して早めに帰ろうとするが、案の定、電車は止まっている。「いつも、この路線ばっかり!」とイライラした経験は誰しもあるはず。一体、鉄道会社はどのようにして運休を決めているのか?本書は、東日本大震災後、首都圏でも危惧される地震を筆頭に、ゲリラ豪雨、強風、落雷といった自然災害に対する鉄道の備えと、意外な弱点を解説。さらには停電、火災、人身事故などの問題にも触れることで、「いつも正常に動いて当たり前」と思っていた鉄道への認識が変わる一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 東日本大震災と鉄道(鉄道140年の歴史と、東日本大震災で受けた衝撃
  • 東日本大震災の大地震による揺れの被害 ほか)
  • 第1章 地震と鉄道(線路は案外揺れに弱い-地面に置かれるだけの基礎、崩れやすい盛土
  • 基礎がコンクリートの線路が強いとは限らない-「耐震」「免震」「制振」 ほか)
  • 第2章 雨と鉄道(いちばん身近な大敵-雨はなぜ鉄道に害を及ぼすのか?
  • トンネル内の線路、変電所の冠水-ゲリラ豪雨の恐怖 ほか)
  • 第3章 嵐と鉄道(近年なぜ鉄道がよく止まるようになったのか?-運休の原因の多くは風
  • 「少々の風で列車は止まる」は本当か?-他の交通機関に比べれば断然強い ほか)
  • 第4章 都市の鉄道と災害(運転見合わせ-実際の不通区間はわずかでも、広範囲に影響するのはなぜ?
  • 国鉄時代とは様変わり-大幅な合理化と、CTCによる列車の集中管理 ほか)
  • 第5章 人に話したくなる鉄道の災害対策(車両編
  • 線路・施設編)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 なぜ風が吹くと電車は止まるのか : 鉄道と自然災害
著作者等 梅原 淳
書名ヨミ ナゼ カゼ ガ フク ト デンシャ ワ トマル ノカ : テツドウ ト シゼン サイガイ
書名別名 Naze kaze ga fuku to densha wa tomaru noka
シリーズ名 PHP新書 816
出版元 PHP研究所
刊行年月 2012.8
ページ数 238p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-569-80348-7
NCID BB09954044
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22141930
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想