共同研究 転向  3 (戦中篇 上)

思想の科学研究会 編

1937年以降の日中戦争の拡大に伴う翼賛体制をなしくずし的な「偽装転向」と捉え、自由主義者も含めた新たな転向像を提示する(全6巻の3)。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 昭和十五年を中心とする転向の状況
  • 第2章 自由主義者(翼賛運動の設計者-近衛文麿
  • 創立期の翼賛運動-有馬頼寧
  • 翼賛運動の学問論-杉靖三郎・清水幾太郎・大熊信行
  • 生産力理論-大河内一男・風早八十二
  • 誠実主義と文学-山本有三)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 共同研究 転向
著作者等 思想の科学研究会
書名ヨミ キョウドウ ケンキュウ テンコウ
書名別名 Kyodo kenkyu tenko
シリーズ名 東洋文庫 824
巻冊次 3 (戦中篇 上)
出版元 平凡社
刊行年月 2012.8
ページ数 498p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-582-80824-7
NCID BB08396303
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22142645
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想