蒸気機関車の動態保存 : 地方私鉄の救世主になりうるか

青田孝 著

一度火を落とした蒸気機関車を再び走らせる状態に戻す「動態保存」。その復活はニュースになり、観光の目玉となる。だがそこには「マニア趣味」「郷愁」「客寄せパンダ」的動機だけでは決してなし得ない、数多くの男たちの崇高な使命感と仕事人生を懸けた奮闘があった。動態保存を成し遂げ今も格闘中の大井川・秩父・真岡の3社と、中核的存在の国鉄〜JRの事例から、その歴史と現状、今後の課題を、かかわった人々の熱い思いを織り込みつつ検証する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 水と油の塊
  • 第1章 保存鉄道への道
  • 第2章 煙がつなぐ地域の輪
  • 第3章 三セクに開く少年の夢
  • 第4章 人類の偉大な産業遺産
  • 第5章 「金」と「技術」の壁
  • 終章 残すのが義務

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 蒸気機関車の動態保存 : 地方私鉄の救世主になりうるか
著作者等 青田 孝
書名ヨミ ジョウキ キカンシャ ノ ドウタイ ホゾン : チホウ シテツ ノ キュウセイシュ ニ ナリウルカ
書名別名 Joki kikansha no dotai hozon
シリーズ名 交通新聞社新書 045
出版元 交通新聞社
刊行年月 2012.8
ページ数 252p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-330-30012-2
NCID BB09934692
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22140955
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想