奇跡と希望の松

涌井雅之 著

あの日、7万本の松が一瞬にして消えた。樹齢約270年、ひときわ背の高い一本だけが生き残った。その松は「奇跡の松」「希望の松」と呼ばれるようになった。「なぜ一本の松だけが生き残ったのか」「なぜあの松に人は心ひかれ守ろうとしているのか」救済にかかわった人々の証言をもとにつづる感動ドキュメント。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 再生(歴史はすべてゼロからの再生だった
  • 東北人の先見の明
  • 陸前高田の栄華
  • 気仙大工
  • リジリエンス(自己復元能力)
  • 往なしの技)
  • 第2章 始動(生きていた一本松
  • 苦闘する保護保全プロジェクト
  • 地縁結合型社会
  • 復興記念公園)
  • 第3章 光明(希望の光
  • 衰弱
  • 後継樹の実現
  • 自他利のスピリット
  • 豊かさの深さを知る)
  • 第4章 未来(復興はゆっくりでいい
  • SATOYAMA(里山)
  • 地に沿った営み
  • 一本松の保存と復興への提言)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 奇跡と希望の松
著作者等 涌井 雅之
書名ヨミ キセキ ト キボウ ノ マツ : ナゼ イッポン ノ マツ ダケ ガ イキノコッタ ノカ
書名別名 なぜ一本の松だけが生き残ったのか

Kiseki to kibo no matsu
出版元 創英社/三省堂書店
刊行年月 2012.8
ページ数 204p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-88142-559-6
NCID BB10063325
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22141183
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想