読書について : 新訳 : 知力と精神力を高める本の読み方

ショウペンハウエル 著 ; 渡部昇一 編訳

考える力を養うための知的読書法とは。書籍、雑誌、新聞、ネット…。情報が氾濫する現代社会をどう生きるか。血肉となる書物との付き合い方。わかりやすい新訳で読む古典の名著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 ショウペンハウエルの生涯と哲学(悲観の哲学
  • 幅広い芸術を吸収した若き日々
  • 父親の自殺と強い母親
  • カントとショウペンハウエル
  • 仏教に影響を受ける
  • ヘーゲルとの確執と晩年の評価
  • ニーチェに与えた影響)
  • 第2部 新訳 読書について

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 読書について : 新訳 : 知力と精神力を高める本の読み方
著作者等 Schopenhauer, Arthur
渡部 昇一
ショウペンハウエル
書名ヨミ ドクショ ニ ツイテ : シンヤク : チリョク ト セイシンリョク オ タカメル ホン ノ ヨミカタ
出版元 PHP研究所
刊行年月 2012.8
ページ数 159p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-569-80487-3
NCID BB10051701
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22141529
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想