徒然草 : 新訳 : 自由人の境地を綴った最上級のエッセイ

兼好法師 著 ; ひろさちや 編訳

俗世から離れる気持ちでゆとりある時間をもとう。浮き世のしがらみに生きる人間の生態をあたたかい目で描写した名随筆。わかりやすい新訳で読む古典の名著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 自由を楽しむ(つれづれなるままに
  • 世間に迎合せず ほか)
  • 第2章 この世は虚仮(名声・利欲を求める愚かさ
  • 万事、頼りにするな ほか)
  • 第3章 この世は無常(木の上で居眠りする法師
  • 東西に急ぎ、南北に走る人 ほか)
  • 第4章 おもしろき世の中(連歌師の猫又騒動
  • どうせ無法をするのだから ほか)
  • 第5章 ちょっといい話(仏はいかなるものなるか
  • 小野道風筆の『和漢朗詠集』 ほか)
  • 終章 世間を馬鹿にする精神をもて!(「つれづれ」とは何か?
  • 世捨人になった兼好法師 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 徒然草 : 新訳 : 自由人の境地を綴った最上級のエッセイ
著作者等 ひろ さちや
吉田 兼好
兼好法師
書名ヨミ ツレズレグサ : シンヤク : ジユウジン ノ キョウチ オ ツズッタ サイジョウキュウ ノ エッセイ
出版元 PHP研究所
刊行年月 2012.8
ページ数 233p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-569-80584-9
NCID BB10410167
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22141530
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想