平成国富論

村島定行 著

デフレの中に膨大なお金が眠っている。バブル崩壊からの回復に日本はまだ成功していない。公的債務1000兆円は豊かさの表れであって破綻の象徴ではない。日銀券の増刷は日本の殆どの経済問題を解決する。豊かさの源泉は日本の多様な文化、豊饒な日本語にある。自虐的精神を捨てれば日本人は世界一の経済力を持てる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ものの見えない政治家達
  • 歪んでしまった日本経済
  • 日本にはいくらでもお金はある
  • 通貨の増発について
  • 財務省と日銀と政府の誤り
  • 誰もデフレを止めようとしなかった
  • 化けの皮が剥がれた戦後最長の好景気
  • 米国の財政状況
  • 日本の不況、その心理学的背景
  • 豊かさは何によって決まるか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 平成国富論
著作者等 村島 定行
書名ヨミ ヘイセイ コクフロン
書名別名 Heisei kokufuron
出版元 星雲社
風詠社
刊行年月 2012.8
ページ数 183p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-434-16975-5
NCID BB09989366
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22141840
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想