月がとっても青いから : 昭和路地裏の四季

清水哲男 著

「思い出さえあったらいつでも会える」母はそういった。十歳の「私」の目に焼きついてはなれない哀しさを隠し秘めた路地の風景。「昭和」に漂う豊かであたたかい時間を描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • サンタの来ない家に生まれて
  • 五郎さんの背中
  • 祖母の半眼
  • 春を呼ぶ声
  • 路地外伝 和さんのこと
  • おおきに、ほなな
  • つながる炎
  • 働く手
  • ウルシの芽
  • 冬の花火

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 月がとっても青いから : 昭和路地裏の四季
著作者等 清水 哲男
書名ヨミ ツキ ガ トッテモ アオイ カラ : ショウワ ロジウラ ノ シキ
書名別名 Tsuki ga tottemo aoi kara
出版元 中央アート出版社
刊行年月 2012.8
ページ数 286p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-8136-0696-3
全国書誌番号
22141198
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想