石のもつエネルギー

村瀬有 著

「囲碁」は人間の知性と感性の総合力の結集した芸術である。千数百年の囲碁の歴史のなかで、はじめて科学の力によりその深奥を探り、哲学によりその本質を究めた。囲碁の目指す新しい時代を創成し、広く囲碁界に資す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 囲碁のイノベーションのために
  • 2 囲碁とは
  • 3 石のもつエネルギー
  • 4 勝敗の分岐点の決め方-コミの科学的解析
  • 5 ディジタルとアナローグ認識
  • 6 囲碁の戦略と戦術
  • 7 碁の難易度と学習
  • 8 科学と哲学・芸術としてのシステムとメカニズム
  • 9 人間の学ぶべき教訓と社会規範への応用
  • 10 まわり路の軌跡

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 石のもつエネルギー
著作者等 村瀬 有
書名ヨミ イシ ノ モツ エネルギー : イゴ ノ カガク ト テツガク
書名別名 INTERACTION ENERGIES BETWEEN STONES

INTERACTION ENERGIES BETWEEN STONES : 囲碁の科学と哲学
出版元 丸善プラネット
丸善出版
刊行年月 2012.8
ページ数 235p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-86345-129-2
NCID BB10148494
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22141839
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想