時空のゆがみとブラックホール

江里口良治 著

いまや誰もが知っている科学用語でありながら、それを説明することは難しい「ブラックホール」。宇宙空間ではなぜ時空がゆがみ、ブラックホールが生じるのか。今日ではその存在は確実なものとなり、理論的研究の段階から観測の対象になりつつある「奇妙な天体」の種類や形成過程と研究史を、アインシュタインの相対論の登場からわかりやすく解説する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 はじめに-ブラックホールゆかりの地プリンストン
  • 2 等速度運動の世界-特殊相対論へ
  • 3 加速度運動の世界と重力-一般相対論へ
  • 4 強い重力場中の粒子と光の運動
  • 5 地平面とブラックホール
  • 6 ブラックホール物理学
  • 7 ブラックホールの形成とその観測

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 時空のゆがみとブラックホール
著作者等 江里口 良治
書名ヨミ ジクウ ノ ユガミ ト ブラック ホール
シリーズ名 講談社学術文庫 2126
出版元 講談社
刊行年月 2012.8
ページ数 227p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-292126-8
NCID BB09925818
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22140641
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想