中継ぎ投手 : 荒れたマウンドのエースたち

澤宮優 著

一試合で最も球数を投げ込むのは彼ら、「繋ぎの野球」のエースたちだ。ロングリリーフ、ワンポイント、敗戦処理。そして、勝利の方程式。故障と背中合わせに、今日もマウンドに上がる。いかなる時もプロの矜持をつらぬいて投げぬく、9人のセットアッパーの野球人生。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに 繋ぎの野球
  • 第一戦 粘投伝説(石井弘寿-日本人最速左腕
  • 河原純一-二度甦った"ミスターゼロ"
  • 木田優夫-国境を越え不惑も超えた145キロ)
  • 第二戦 力投伝説(佐野慈紀-ピッカリ投法で中継ぎ初の1億円投手
  • 鹿島忠-"ケンカ野球"の鹿島大明神
  • 篠原貴行-14勝1敗、最高勝率の"不敗神話")
  • 第三戦 鉄腕伝説(吉田修司-史上初の100Hが支えたダイエー黄金期
  • 吉田豊彦-流浪のサウスポー
  • 福間納-幻の最多登板日本記録)
  • おわりに 故障と背中合わせに生きる

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中継ぎ投手 : 荒れたマウンドのエースたち
著作者等 澤宮 優
書名ヨミ ナカツギ トウシュ : アレタ マウンド ノ エースタチ
書名別名 Nakatsugi toshu
出版元 河出書房新社
刊行年月 2012.8
ページ数 189p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-309-27349-5
NCID BB10314527
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22141394
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想