「イタリア」誕生の物語

藤澤房俊 著

一八世紀末、イタリア半島は小国の集合体だった。サルデーニャ王国、ジェノヴァ共和国、ヴェネツィア共和国、モデナ公国、パルマ公国、トスカーナ大公国、教会国家、ナポリ王国、ハプスブルク帝国領のミラノ公国…。フランス革命の風を受け、統一国家「イタリア」の実現を目指す「再興運動」の激しいうねり。大国フランスとオーストリアの狭間で、いかにして「想像の政治的共同体」は成立したのか?明治日本にも大きな影響を与えた一大政治ドラマを活写する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「自由の木の酸っぱいけれども甘い果実を味わった最初の国」-一七九六〜一七九九年
  • 第2章 皇帝ナポレオンのイタリア支配-一八〇〇〜一八一四年
  • 第3章 不安定な王政復古体制
  • 第4章 秘密結社運動から政党の運動へ
  • 第5章 革命ではなく改革を目指した穏和派
  • 第6章 イタリアの長い「一八四八年革命」
  • 第7章 リソルジメントの国際化
  • 第8章 職人的なイタリア統一
  • 第9章 半島の名前から民族の名前となったイタリア
  • 第10章 「クォー・ヴァディス、イタリア」-「おわりに」にかえて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「イタリア」誕生の物語
著作者等 藤沢 房俊
書名ヨミ イタリア タンジョウ ノ モノガタリ
シリーズ名 講談社選書メチエ 532
出版元 講談社
刊行年月 2012.8
ページ数 252p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-06-258535-4
NCID BB09919316
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22141408
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想