時間・労働・支配 : マルクス理論の新地平

モイシェ・ポストン 著 ; 白井聡, 野尻英一 監訳

グローバルな経済危機を招来し、絶えざる世界変容を駆動する資本主義=近代。その深層構造を明らかにし、従来のマルクス理解を刷新する"社会理論"の金字塔。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 伝統的マルクス主義への批判(マルクスの資本主義批判を再考する
  • 伝統的マルクス主義の諸前提
  • 伝統的マルクス主義の限界と"批判理論"の悲観論への転回)
  • 第2部 商品-マルクスによる批判の再構築へ向けて(抽象的労働
  • 抽象的時間
  • ハーバーマスのマルクス批判)
  • 第3部 資本-マルクスの批判の再構築へ向けて(資本の理論に向かって
  • 労働と時間の弁証法
  • 生産の軌道
  • 結論的考察)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 時間・労働・支配 : マルクス理論の新地平
著作者等 Postone, Moishe
白井 聡
野尻 英一
ポストン モイシェ
書名ヨミ ジカン ロウドウ シハイ : マルクス リロン ノ シンチヘイ
書名別名 TIME,LABOR,AND SOCIAL DOMINATION

Jikan rodo shihai
出版元 筑摩書房
刊行年月 2012.8
ページ数 655,27p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-480-86722-3
NCID BB09922988
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22157530
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想