GHQの占領政策と経済復興 : 再興する日本綿紡績業

大畑貴裕 著

占領期の日本経済に影響を及ぼした組織を精査し戦後経済復興の淵源を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 日本綿紡績業に関する政策形成システム(ESS繊維課の設立
  • ESS繊維課の任務規程と組織・人事の変遷
  • 綿紡績業に関する政策形成システムの実態)
  • 第2章 日本綿紡績業に対するGHQの生産設備管理政策の形成と廃止(生産設備管理政策の形成
  • 生産設備管理政策のその後の推移と廃止)
  • 第3章 占領復興期前半期における日本綿紡績業を中心とする統制体制(棉花の輸入と統制体制の構築
  • 綿製品の生産
  • 綿製品の配分
  • 米綿借款の返済と統制体制の解消
  • 統制体制の下での10大紡の収益)
  • 第4章 10大紡に対する集中排除政策の実施過程(集排政策の実施過程の概要
  • ESS反トラスト課による10大紡への集排政策の始動
  • 1948年8月頃までの日本側の陳情とESSトラスト課との対立
  • ESS繊維課の動向とESS反トラスト課との対立
  • ESS反トラスト課の繊維総合経営の解体の理由
  • DRBとその審査に影響を与えた副次的要因
  • DBRの勧告)
  • 第5章 占領復興期における10大紡の経営戦略(戦時期の綿紡績企業の企業経営の概要
  • 占領復興期前半期の企業経営と経営戦略の策定
  • 占領復興期後半期の経営戦略)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 GHQの占領政策と経済復興 : 再興する日本綿紡績業
著作者等 大畑 貴裕
書名ヨミ ジーエイチキュー ノ センリョウ セイサク ト ケイザイ フッコウ : サイコウ スル ニホン メンボウセキギョウ
シリーズ名 プリミエ・コレクション 25
出版元 京都大学学術出版会
刊行年月 2012.7
ページ数 402p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-87698-218-9
NCID BB09946046
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22141159
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想