日本労使関係史 : 1853-2010

アンドルー・ゴードン 著 ; 二村一夫 訳

1980年代に「日本型雇用システム」として世界的に喧伝された雇用形態、すなわち「終身雇用」「年功序列型賃金制」「企業福祉」「企業別労働組合」といったシステムはどのように形成され、現在に至ったのか。労働者・経営者・官僚の相互関係に注目し、彼らが目的・利害をめぐって争い、妥協してきた幕末開港から1950年代までの過程を分析して1985年に刊行された英語版に、2010年までの変容を増補し、150年に亘る日本労使関係を描いた決定版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 産業革命期の労働者と経営者(工業労働者の組織化
  • 温情主義と直接的管理
  • 労務管理改革と労働運動-1917〜1921)
  • 第2部 労働者と経営者-戦間期における雇用制度(渡り職工の消滅?-採用と長期雇用
  • 賃金制度の複雑化
  • 企業共同体-会社、組合、労働者階級)
  • 第3部 戦時の労使関係と政府(長期雇用と統制賃金
  • 産報-労働組合不在の労働者組織)
  • 第4部 戦後の決着(組合主導の労使関係
  • 経営主導の労使関係)
  • 第5部 労使関係-高度成長期とその後(日本型労使関係のヘゲモニー
  • 日本型労使関係の終焉?)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本労使関係史 : 1853-2010
著作者等 Gordon, Andrew
二村 一夫
ゴードン アンドルー
書名ヨミ ニホン ロウシ カンケイシ : センハッピャクゴジュウサン ニセンジュウ
書名別名 THE EVOLUTION OF LABOR RELATIONS IN JAPAN
出版元 岩波書店
刊行年月 2012.8
ページ数 537p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-00-024293-6
NCID BB09899445
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22142611
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想