臨床高血圧ワークブック : エビデンスを超えた次の一手  第1巻 (血圧の評価と高血圧の診断)

土橋卓也, 大屋祐輔, 苅尾七臣 編

[目次]

  • 高血圧患者の診かた-診断・治療プロセスの概要
  • 高血圧初診患者の診察(問診の要点と身体所見
  • 診察室血圧の測定・評価法と身体所見のとり方)
  • 家庭血圧を実地臨床に活かす
  • 診察室血圧と家庭血圧が異なる症例の診療
  • ABPMを実地臨床に活かす
  • ABPMでわかるハイリスク高血圧(Non‐dipper型夜間高血圧-睡眠時無呼吸症候群をふまえて
  • 血圧モーニングサージ)
  • 家庭血圧とABPM-実地臨床でどう使い分けるか?
  • 慢性腎臓病を合併した高血圧患者の診療にABPMを活かす
  • メタボリックシンドローム・糖尿病を合併した高血圧の治療にABPMを活かす
  • 治療抵抗性高血圧の診療にABPMを活かす
  • トピックス(臨床医を悩ませる家庭血圧の取扱い
  • 診察室血圧の変動性
  • 中心血圧の測定方法と臨床的意義
  • 家庭血圧による夜間血圧測定
  • 情報通信技術活用による家庭血圧管理
  • 開発中のABPM)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 臨床高血圧ワークブック : エビデンスを超えた次の一手
著作者等 土橋 卓也
大屋 祐輔
苅尾 七臣
書名ヨミ リンショウ コウケツアツ ワークブック : エビデンス オ コエタ ツギ ノ イッテ
巻冊次 第1巻 (血圧の評価と高血圧の診断)
出版元 医薬ジャーナル社
刊行年月 2012.8
ページ数 159p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-7532-2561-3
NCID BB10068056
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22144960
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想